相場の変動を見越して売る

車の相場は常に変動しています。札幌で相場の変動を見越すというとちょっと難しいと思ってしまうかもしれませんね。
でも実際はそんなことはないです。
例えば、一般的に年数と共に相場は下降していきますよね。
ただそれ以外にもちょっとしたポイントを覚えておけば、自分の車がどの時期に手放すのがよいのかが分かってくるんです。
最初に年式が古くなるにつれて相場は徐々に下がっていくものだということをお話しましたね。
これは誰でもわかることだと思います。
この下落幅も一般大衆車よりも高級車の方が下落幅が大きいんです。
そして新車で購入した車は3年後には下落幅が大きくなります。
まずは3年前に手放すかどうかが一つのポイントです。

 

またモデルチェンジをした車であれば、その直後から相場が急落する傾向にあるので、その前に売るかどうか買取金額がかなり変わってきます。
その他にもクロカン四駆やSUVなどは、札幌地区でも冬になる前や夏休みや前や秋口に人気が出る車なので、1年の中でも季節によって相場変動が上下する車です。
また長期にわたって相場がほぼ一定の車も存在します。これは人気に衰えを見せない車です。

 

こういった車は地域により違いがみられますが、札幌のような雪の深い地域では軽四の4WD車であるジムニーが長期にわたり人気の車です。
これは年式が古くてもかなりの高値で販売されていますので、他の車に比べても相場はかなり高めです。
以上のちょっとしたチェックポイントを覚えておけば、愛車が高く売れるベストなタイミングを見極めることできるでしょう。

 

相場の変動を読んで、売るタイミングを決める関連ページ

買取額アップが見込めるオーディオやナビ
カーナビやオーディオなどは、現在のほとんどの車に装備されています。なのでただ付いているだけでは査定の+材料になることは少ないですが、ある種のものであればアップが見込めます。