カーナビとオーディオが付いているか付いていないかの違いは

私の載っている車は年式が今から10年以上も前のもの、でもカーナビもついているし、カーオーディオをついていますよ。
これって札幌での買取査定に少しはプラスになるみたいですね。

 

今では当たり前のようにほとんどの車にオーディオやカーナビが標準で付属されていますし、標準装備でなくても後付で装備している車もとても多くなりましたね。
なのでカーナビが付いているから大きく査定ポイントがアップするということはなくなりました。
ではどこがポイントかというと、どんなカーナビなのかというのが査定に大きく影響するようになっています。
一昔前ならカーナビと言えばDVDでしたが、今の主流はハードディスクタイプですよね。
私の車についているカーナビはDVDでアナログテレビの受信ができるようになっています、でも残念なことに地デジ機能がないのでテレビの視聴ができません。
古いタイプのカーナビなので札幌でもそれほど査定のプラスポイントになることはないと思います。

 

今なら後部座席のモニタが付いているとかDVDも見れるとかそんな機能が付いていれば、十分に査定のプラスアルファが見込めます。
そしてどんな種類のモニタが付いているかも査定でのチェックポイントとなっています。
またカーオーディオ関連であれば、高価なものもそうですがそれ以上に音質の良し悪しが査定での重要なチェックポイントになっています。
なので良いスピーカーが付いているかどうかが査定額にかなり影響しているんだそうです。

 

買取額アップが見込めるオーディオやナビ関連ページ

相場の変動を読んで、売るタイミングを決める
中古車の相場は常に変動しています。そして札幌でもある時期になると、他の時期に比べても売れ出すようになったり、地域により特定の車種が人気だというケースもあるのです。