車の所有者を確認

自分が載っている車は、自分のものだから所有者は自分であると思っている方が多いと思います。
でも実際は自分が普段から使っている車でも法律上の所有者は自分でない場合があるのです。
もし自分が所有者でない場合は、例えば自分しか乗らない車で家の車庫においてある車であっても買って、他人に売り渡すことができないのです。

 

車検証の所有者欄には自分の名前あるいは会社の名前が書かれてあります。
これは文字通りのその車の所有者が誰であるかを示しています。
その車を現金で買ったのであれば、所有者は自分の名前になっているはずです。しかしローンで購入しているときには、所有者欄にはローン会社の名前か車の販売代理店の名前になっています。
もし今の車をローンで買っているときには、所有者はあなたではなくローン会社になっていますので、そのままの状態では車を売却することができない状態です。
そこで必要になってくるのが、所有権解除という手続きなんです。

 

方法としては所有者になっている会社に連絡をして所有権の解除をしてもらいます。もしその時にまだローンの残債が残っているのであればそれも支払う必要があります。
またこんなことはあまりないことかもしれませんが、所有者になっている会社が倒産などで連絡がつかない。
この場合は素人には難しい手続きになりますので、札幌の買取業者に相談して手続きの代行などをしてもらうようにしましょう。

 

車の所有者が自分でない場合関連ページ

売却に必要な書類がない
車の査定に納得をして、いよいよ売買契約を結ぶ時に必要な書類があります。その種類は事前に用意しないといけないのですが、ある状況下では地元札幌では取れないケースもあるのです。