傷や凹みは修理した方が良いのか?

車を手放そうと考えた時に、その車に傷やへこみがあった場合はどうしますか?
ご存知のように、こういったものがあれば査定するときにマイナスポイントになりますので、その分買取の金額を安くなってしまうわけです。
それだったら、査定にさす前に修理してしまってそれから査定に出したほうが、査定額がアップするからいいんじゃないかと思うことでしょう。
でもここでちょっと考えなくてはならないのが、果たしてボディのキズやへこみを修理するためにかかった費用分以上の査定額のアップが見込めるかどうかということなんです。

 

そんなこと実際に修理隊を見積もってらい、査定士さんに聞いてみないと分からないんじゃないの?そんな風に考えるかもしれませんね。
でもそれについては業界内でもある程度分かっています。
答えは、傷やへこみがあっても修理せずにそのまま手放したほうが得だということです。
つまり修理したからといって、通常は修理代金以上の査定額アップはまずありえないということです。
なので近い将来に札幌で車を手放すことを考えているのなら、ちょっとぐらいのキズやへこみはそのままいしておいて修理はしない方がお得なのだということですね。
もちろんまだまだ売るつもりはないというのであれば修理しても全くかまいませんよ。

査定の前にボディの傷なんかは治してしまったほうが得か関連ページ

車検間近の車を売りに出す
もう少しで車検が切れるという札幌の愛車を売却しようと考えている時に、車検を取らないでそのまま売った方が金銭的には得なのでしょうか?ちょっと疑問に思いますよね。