新しい車を買うタイミングは、今のっている車の車検が近付いてきたからそろそろ新車に買い替えようかということがけっこうあると思います。
こんなとき今までの載ってい車をいつ手放すかちょっと迷うこともあるでしょう。車検が切れるまで乗って、その後に売りに出したほうが得なような気がします。

 

札幌の業者が買取をする場合は、車検があるかないかでは査定額や手数料でかなりの差が出てしまうこともあります。
車検を通すためにはご存知のように整備料金の他にも税金や保険料など含めると10万円以上はかかってしまいます。
なので車検が付いていない車であれば車検にかかる費用も見越して査定額を出してくるので、その分マイナスされてしまうことが考えられます。
なので少しでも車検が残っているのであれば、切れる前に売ってしまったほうが得と言えそうです。

 

車検がなければ、札幌市内を自走して店舗まで持ち込むことができませんので、業者に運んでもらう必要がありますので、その分の運送料や手数料も請求されます。
また査定するときにも自分で店頭に行くことができないので、業者に自宅まで来てもらわなくてはなりません、この時にも査定料金や交通費などもかかってしまうこともあります。
なので少しでも高く売りたいという人なら、やっぱり車検が切れる前に愛車を手放すのが得策だと思います。

 

車検間近の車を売りに出す関連ページ

査定の前にボディの傷なんかは治してしまったほうが得か
車に傷や付いていたりした場合、それが査定のときにマイナスになってしまうことがあります。でも修理するにしてもお金がかかるので、そのまま査定か修理かどちらか迷いますね。ホントはどっちがおトクなのでしょうか。